窯猫通信覚書

絵描き・銅版画で本の挿画等描いている市川曜子の銅版画日記です。

市川曜子展
12月1日(土)〜12月16日(日)
12:00 〜19:00 木曜休廊 最終日17:00まで

ぎゃらりー由芽 
〒181−0013 東京都三鷹市下連雀4-15-2-101
0422−47−5241
http://galleryyume.web.fc2.com

ういるす

巷ではウイルスが猛威を振るっているようで、今月に入って私のところにも1日に10通以上届いていた。今回のウィルスについては、私は普段マックを使用しているが、それでも念のために2重のウィルス対策はしているので、(いらんだろう。と、Winユーザーには言われるけれど)感染の心配はほぼない。これらのメールはメーラーのフィルタでごみ箱に直行していたのだけれど、なんともうっとおしいのでヘッダを調べてみると。全て同じプロバイダから発信されていることがわかった。これは、おそらくfrom側にも同様に被害を及ぼしているに違いない。駄目元でサポートにヘッダ情報を添えて連絡を入れた。翌日には相手ユーザーが判明した。週があけてプロバイダのサポートが、相手方を訪問して、PCのリカバリを行う。という連絡が来た。プロバイダは近鉄ケーブルネット。こういう場合、プロバイダの対応は不親切だという話をよく聞くけれども、ここは、とても丁寧で迅速な対応をしてくれた。ありがたいことです。

 マックはありがたいことにウィルスが流行ってもさほど影響はない。ええ、ええ、ユーザーが少ないからなのですけれども。勿論、いくつかのウィルスはあるようだけれど、マックのウィルスを作る人はかなりのマニアだと思われる。ウインドウズユーザーの方が圧倒的に多いわけで、その分PCの基本的な知識がないまま使用している人も多く、今回のようにおそらくユーザーが気づかないままにウィルスを撒いているケースが多いのだろう。自分のパソコンが感染していないかどうか、どうかチェックをして下さい。