窯猫通信覚書

絵描き・銅版画で本の挿画等描いている市川曜子の銅版画日記です。

2019-01-01から1年間の記事一覧

俳句的日常

NHK俳句の7月号発売中。 7月と8月の「俳句的日常」の著者は言語学者の金田一秀穂さんです。 昔、NHKのラジオ深夜便で金田一さんが電話出演されて、現代の言葉の説明をしているのを時々聴いていた。金田一さんはいつもなんだか笑ったような声で話していて、相手…

殉教者

] 俳句的日常の3月号は山折哲雄さんのエッセイです。山折さんが長崎に旅をした時に出会った西坂公園の舟越保武作の日本二十六聖人のブロンズ像について書かれている。引きこもり生活の私は長崎を訪れたこともなく写真で見るのみだったが、挿絵にそのまま描いて…

インフルエンザらしきものになった。

前回の更新が風邪で、今回がインフルエンザでは、なんだかなと思うけれど、これまで何度も高熱の風邪はひいていたが、これがインフルエンザか!とよくわかった。 今回の熱はいつもよりも低く最高でも8度7分だったのだけれど、体中痛くて熱も1週間あまり下がらな…

2019年

年が明けて締め切りのある様々なことをやったり、足りないものを買い足したりしているうちにもう5日過ぎた。 年末は例によって突然高熱が出た。連休だったので薬を貰っておこうかと思い、休日診療もやっているという少し離れた町の病院に行った。9度4分くら…